新築物件より遙かに安い中古住宅。住まいを考えるなら、とてもお薦めだと言えます。経費だけを考えても安いです

中古の住まいを購入するメリットデメリット
中古の住まいを購入するメリットデメリット

住まいを考えるとき中古住宅は狙い目です。

新築分¥っけんも良いですが、中古物件なら、建物の価格以外に、必要経費も安く抑えることが可能です。価格そのものが安くなれば、仲介手数料の費用も安くなりますし、固定資産税や消費税も安くなります。また、ローンを組んだときに、その金利も安く抑えることが可能です。その浮いて費用で、引っ越しの費用などを捻出することも可能になります。新築の物件は非常に気持ちの良い物ですが、住んでしまえば、その時点で中古物件となるのです。中古車と同じように、家の建て方も技術が上がり、建てられてからの耐久性も上がっているはずです。建築から10年未満であれば、それほど傷んでいる家は少ないと言えるでしょう。

それよりも全体の出費を抑える方が遙かに良いはずです。梨湯価値は昔に比べて、それだけ高い物件が多いと言うことです。建築基準も良くなっていますし、耐震性もほぼ問題ないはずです。もちろん、余りにも古い中古住宅は問題もあるでしょうが、10年未満のモノであれば、リフォームの必要もなく住めるはずです。いずれにしても、にhんの人工はこれから先当分の間増えることはないはずで、今のままなら家そのものにそれほど重要性はなくなってくるのではない化と考えます。わざわざ新築を買わなくても、中古で十分と言える時代が来るはずです。家にそれほどお金を掛けない、そんな時代も到来するかも知れません。住まいは、人生の中で一番高い買い物です。それを少しでも安く購入する、そんな考え方も必要だと思います。

おすすめ情報

Copyright (C)2017中古の住まいを購入するメリットデメリット.All rights reserved.