誰でもいずれは自分の住まいが欲しいと思うものです。そんなときは新築ではなく中古を買うのが賢い選択です。

中古の住まいを購入するメリットデメリット
中古の住まいを購入するメリットデメリット

住まいを選ぶときは中古が一番

自分の住まいが欲しいと思わない人はいません。賃貸で一生過ごすのはもったいないことですし、同じお金を払うなら自分の家に払いたいものです。そこで家の購入を考える人も多いと思いますが、そのときに選択肢は新築の一戸建てと新築のマンションではないでしょうか。通常家を買うときに中古を選択する人はいません。しかし実際には中古の家こそが一番賢い買い物なのです。

例えば新築の家のメリットといえば、ある程度の要望が通ることと最高に綺麗なことです。その反面デメリットは値段が高く、一生ローンを払い続けることになります。そして中古の家のメリットは、値段が安くリフォームすれば快適な住まいになる点です。例えば中古の住宅を500万円で購入して、リフォームに300万円かけても合わせて800万円しか払ってないことになります。それだと通常の家の半額以下です。特に今の時代は不景気で収入の少ない人も増えてきていますので、このような方法は検討すべきです。今までと同じように全ての人が2000万円の家を買える時代ではないのです。年収500万円の人と年収200万円の人が同じような生活レベルをするのはほぼ不可能です。しかし家は同じような値段でしかありません。ですので、今までの視点を変えて賢い選択をしなくてはならないのです。

このように中古の住宅なら格安で購入できますし、それをリフォームすれば快適に生活できます。賢い選択をして自分の快適な住まいを手に入れましょう。

Copyright (C)2017中古の住まいを購入するメリットデメリット.All rights reserved.